ラブ&ライトディバインガイダンスカードの意味、使い方、感想を解説!

ドリーン・バーチュー
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事はラブ&ライトディバインガイダンスカードの意味と特徴、使い方、感想を解説します。このカードはイエス・キリストからのメッセージを受け取るものです。

これを読めば、ラブ&ライトディバインガイダンスカードの意味と特徴、使い方、感想を知ることができます。

それでは、あなたに幻想的で美しいラブ&ライトディバインガイダンスカードの魅力をお伝えします。

ラブ&ライトディバインガイダンスカードの意味と特徴は?

ラブ&ライトディバインガイダンスカードは、多くのオラクルカードなどで有名なドリーン・バーチュー氏が、2017年のキリスト教改宗後に作られたカードです。

ラブ&ライトディバインガイダンスカードは、44枚のカードおよびガイドブックからなります。
それぞれのカードには、アートワークが描かれ、上部にはキーワード、下部には聖書の一節が書かれています。

アートワークは貴希(Takaki)、カガヤ(KAGAYA)、ビル・シングルトン(Bill Singleton)の3人のアーティストによる作品です。どの作品も幻想的で美しくとても魅力的です。

カードの外箱のサイズは、H 135 × W 100 × D 30mmで一般的なオラクルカードと同様のサイズです。

ディバインガイダンスカードとは、神様の導きのカードという意味です。

オラクルカードのように予言や占いのためではなく、内省と黙想のために用いるもので、祈りに使って神のメッセージにアクセスしやすくすると、ガイドブックに書かれています。

また、このカードはインナーチャイルド、あなたの中の子供、につながるためのものでもあるとも書かれています。

カードのタイトルに使われているラブ&ライト、すなわち愛と光とは聖書に繰り返し出てくるテーマです。神が創られたものはすべて聖なる愛と光に満ちている意味です。

ラブ&ライトディバインガイダンスカードの箱には、44枚のカードの一枚の「あなたにとって正しい道を歩む」の絵柄が使われています。カードの裏面にも同じ絵柄が使われています。

「あなたにとって正しい道を歩む」

女性の姿をした天使が空を背景に宙を舞っています。5羽の白い鳥も空を舞っています。

とても幻想的で美しいカードです。この美しい絵柄を見てラブ&ライトディバインガイダンスカードに興味を持たれる方も多いのではと思いました。

それでは、「あなたにとって正しい道を歩む」のカードについてガイドブックの説明を引用します。

あなたにとって正しい道を歩む

私たちはみな、自分にとっては正しくないと直感的にわかるような状況や誘惑に直面します。子供の頃は、神様や大人の保護者に頼って正しい方向を示してもらいました。

今では、正しい道なのに周囲に喜んでもらえない場合もあるかもしれません。でも、あなたには神様に求められている道だとわかるのです。

そんな時は、祈りによってさらなる心の強さを見出すことができます。それが歩むべき神聖な道を優しく示し、先に進ませてくれるでしょう。

判断を誤ったかもしれないと思うことがあっても、自分を裁かないでください。かわりに神様に打ち明けましょう。

道を間違えてしまったという考えや気持ちを正直に認めれば、神様が許しによってあなたの心を高めてくれます。

間違いは、学び、許すためのチャンスです。あらためて自分を立て直し、再出発を心に誓いましょう。

状況から教訓を得て、将来は決断する前に導きを求めるのを忘れないようにしてください。

そうすればあなたは、もっと深いところで正しい方向とわかっている道、神への道に立つことができるでしょう。

試練を耐え忍ぶ人は幸いである。それを忍びとおしたら、髪を愛する人々に約束されたいのちの冠を受けるであろう。ヤコブの手紙 1 章12節

筆者は、「間違いは、学び、許すためのチャンスです。」という言葉が心に響きました。
失敗は、失敗という仮の名前を持つ成功のことだと思いました。

あなたはこのカードから何を感じられるでしょうか?

スポンサーリンク

ラブ&ライトディバインガイダンスカードの使い方、リーディングは?

ガイドブックには、このカードを初めて手にしたときの浄化に関する記載はありませんでしたが、気になる方はオラクルカードに準じて以下のとおり行なえば良いでしょう。

カードを手に入れたら、まずはカードの浄化を行います。

やり方は利き手ではない方の手のひらに持ち、利き手で数回ノックします。こうすることにより製造の過程で吸収したエネルギーや他者が触れたエネルギーなどを浄化します。

次にカードの一枚一枚に触れて、あなたのエネルギーをカードに注ぎこみ、なじませます。カードとの一体感が生じてカードとより繋がりやすくなります。

 

カードの使い方、リーディングのやり方はいくつかありますが、1枚引きについて一例を示します。

まず、リラックスしてあなたをイエス・キリストとつながることを意図します。
質問を決めて「メッセージをください」と祈ります。

質問を決めたらカードを手に持って切っていきます。直感に従ってカードを切るのをやめるか、又は”やめなさい”という内なる声が聞こえたらストップして、これと思うカードを引きます。

引いたカードの内容が自分にどのようにあてはまるかをよく考えてみます。

あなたがカードから感じたこと、内なる声、ビジョンなどの情報を大切にしてください。
その後にガイドブックのカードの説明を読み、理解を深めます。

追加で知りたいことがあれば導きに応じて何枚か引いても構いません。

ラブ&ライトディバインガイダンスカードを使った感想は?

この記事を読んで下さっているあなたのために1枚引きでカードを引きました。

引いたカードは、「ACKNOWLEDGE  GODS TRUTH 神の真理を認める」です。

 

女性の姿をした天使が星々のきらめく夜空をバックに目を閉じて内なる自己の世界へと入っているように思われます。内省的な雰囲気のカードです。

このカードについてガイドブックの説明を引用します。

神の真理を認める

子供の頃のあなたは自分の気持ちを隠すことなく、いつも飾らない本心を率直に見せていました。腹が立ったときも、不健康な習慣で感情をごまかしたり、何もないふりをしたりしませんでした。

感情というものの多くは揺れ動いて安定しないので、次に取るべき行動を決める指針としてはやや信頼性に欠けます。

けれども、人生にポジティブな変化を起こししたいという一貫した気持ちが繰り返し湧き上がってくるなら、それはあなたのハートを通じて精霊が語りかけているのかもしれません。

ある状況において、自分に正直になることが必要なのでしょうか?その一歩を踏み出せば、より大きな喜びと愛と平和もたらされます。

おそらく、あなた自身に対してなんらの真実をはっきりと告げる、または認めるタイミングなのです。

自分に正直になることは本当に大切です。もしかしたらこのカードは、「バラ色のレンズを通して世界を見るのをやめて、現実を直視しなさい」という意味かもしれません。

あなたが健康的な変化を起こすため怖れに立ち向かい、乗り越えようとすれば、神様が必ず助けてくれます。常に目とハートを大きく開いて、真実という恵みを人生に受け入れてください。

あなたは真理を知るでしょう。そして真理はあなたを自由にします。
ヨハネによる福音書 8章32節

 

筆者は、「自分自身に正直になることは本当に大切です。」「常に目とハートを大きく開いて、真実という恵みを人生に受け入れてください。」という言葉が印象に残りました。
あなたはどのように感じられたでしょうか。

その他、以下はラブ&ライトディバインガイダンスカードに関する全般的な印象です。

カードを手にしてまず感じたのは心がふっと軽くなる感覚です。

イエス・キリストの波動とカードが同調して、カードが高い周波数を持っているため、そのように感じられるのかなと思いました。

美しく幻想的なアートワークもきめ細やかで波動の高い感じに合っています。

パラパラとカードをめくり、眺めているだけで自身が癒されるヒーリング効果を感じました。

筆者はどちらかというと神道系に惹かれるので初めはイエス・キリストをテーマにしたカードにはさほど興味はなかったのですが、実際に使ってみるとやはり良いものは良いと思いました。

各カードの下部に書いてある聖書の一節にも感銘を受けました。

また、ガイドブックの説明も分かりやすくまとめられています。

メッセージを伝えるというよりは新たな視点に気づかせ、自己の内面を振り返るように導く感じです。自己をより深く知るという点において役に立つカードと思います。

スポンサーリンク

ラブ&ライトディバインガイダンスカードをお勧めの方は?

ラブ&ライトディバインガイダンスカードをお勧めの方は、初心者からある程度オラクルカードを使ったことのある方まで幅広くお勧めできます。

どちらかというと何か悩みごとがあって解決策を求めるというよりは自己の内面を深く見つめ、内なる神聖さに気づくためのツールとして使うのが合っているでしょう。

そうしたことに興味を持っておられる方にとってはさまざまな気づきが得られ、とても役に立つカードであると思います。

そういう意味においてこのカードは、自己との関係性がある程度良い方が使われるのが適切と思います。

自己との関係性が悪く、罪悪感や劣等感などの感情が強い方はまずはそうした点を癒してから使われる方が良いでしょう。

また、初めてオラクルカードを使う初心者の方でもこのカードに興味を持たれるのであればお勧めしたいと思います。

カードの絵柄やメッセージから直感インスピレーションを受け取りやすく情報が読み取りやすく、ガイドブックの説明も分かりやすいです。

まとめ

ラブ&ライトディバインガイダンスカードの意味と特徴、使い方とリーディング、感想やお勧めの方を解説しました。

ラブ&ライトディバインガイダンスカード、ドリーン・バーチュー氏が、2017年のキリスト教改宗後に作られたカードです。

カードは、44枚のカードおよびガイドブックからなります。
それぞれのカードには、アートワークが描かれ、上部にはキーワード、下部には聖書の一節が書かれています。

このカードはオラクルカードのように予言や占いのためではなく、内省と黙想のために用いるものであり、またインナーチャイルド(あなたの中の子供)につながるためのものでもあるともガイドブックに書かれています。

カードの絵柄とカードに書かれた文字からメッセージが比較的読み取りやすく、ガイドブックの説明も分かりやすく書かれています。

このカードは、どちらかというと問題や悩みごとがあって何か解決策を求めるというよりは自己の内面を深く見つめ、内なる神聖さに気づくためのツールとして使うのが合っていると思われます。

そうしたことにご興味のある方には是非とも手に取っていただきたいカードです。

あなたにラブ&ライトディバインガイダンスカードにご興味を持っていただければ幸いです。

【関連記事】
エンジェルアンサーオラクルカードの意味と使い方は?リーディングも!
女神のガイダンスオラクルカードの意味や使い方は?感想も紹介!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドリーン・バーチュー
オラクルカードからの便り
タイトルとURLをコピーしました