パストライフオラクルカードの意味と特徴は?使い方や感想も紹介!

ドリーン・バーチュー
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事はパストライフオラクルカードの意味と特徴、使い方や感想を紹介します。
このカードは、過去世を思い出して今世をより良く生きるヒントをもたらすカードです。

あなたもこれを読めばパストライフオラクルカードの意味と特徴、使い方や感想を知ることができます。

それでは、現在の仕事や人間関係、家族や人生などに影響を与えている過去世からのメッセージを受け取り、より良い人生を生きるための助けとなるパストライフオラクルカードの魅力をお伝えします。

 パストライフオラクルカードの意味と特徴は?

オラクルカードとは、神様や天使などのスピリチュアルな存在からのメッセージと絵柄が書かれたカードのことです。

日常生活で困ったとき、悩みごとがあるとき、新たに何かを始めようとするときなどにカードを引いてアドバイスを受け取るものです。

パストライフオラクルカードは、アメリカでの前世療法の世界的権威であるブライアン・ワイス博士とベストセラー作家で数多くのオラクルカードで知られるドリーン・バーチュー氏との共著となります。

このカードを使うことで過去世からの情報を思い出し、抑圧されたエネルギーを癒して開放したり、今世のテーマに気づきより有意義な人生とすることを助けます。

パストライフオラクルカードは44枚のカードとガイドブックからなります。

各カードの下部には許し、父親、母親、配偶者、健康、お金、許し、騎士道、戦争と闘い、芸術…などの過去世に関係したキーワードが書かれています。

カードの絵柄は、風景や構築物、人物や動物などのさまざまな写真が使われています。
写真の色彩はカラーになっていますが、モノトーン調のものが多く、例えるならセピア色に染まった古い時代の白黒写真のようです。

パストライフオラクルカードの外箱のサイズは、H 135 × W 100 × D 30mm、一般的なオラクルカードとほぼ同様のサイズです。
ガイドブックには、カードの使い方やそれぞれのカードの説明が書かれています。

パストライフオラクルカードの外箱には歴史を感じさせる重厚な石造りの建物が描かれ、中央には半分開いているドアが見えます。ドアの先には正面の大きな窓から木々などが姿をのぞかせています。

このドアは、まるではるか彼方の過去世へとつながる秘密の扉のようです。

 

また、44枚のカード裏面にも同様の絵柄が使われています。

カード(裏面)

 パストライフオラクルカードの使い方は?

カードを使ってメッセージを受け取る手順はガイドブックによると以下のとおりです。

ステップ①:カードデッキを浄化する

ステップ②:カードにあなたのエネルギーを吹き込む

ステップ③:質問をする

ステップ④:カードをシャッフルする

ステップ⑤:カードを選ぶ

ステップ⑥:ガイドブックを読む

それぞれのステップにおける説明はガイドブックに詳しく書かれています。

カードを選ぶ枚数は1枚引き、3枚引き、5枚引きなどがありますが、初心は1枚引きから始めるのがやりやすいでしょう。

カードをシャッフルするというのはトランプのように切っていくことです。
シャッフルしているとカードがまるで自己主張しているかのように飛び出してくることがあります。

こうしたカードは引いたカードを補足する意味のカードとなるので大切に取っておきます。
カードの解釈はガイドブックの説明も参考にしますが、あなたの直感も大切にしてください。

スポンサーリンク

 パストライフオラクルカードを使った感想は?

この記事を読んで下さっているあなたのために1枚引きでカードを引きました。

出てきたカードは「MEDCINEMAN OR WOMAN  祈祷師(メディスンマン)」です。


このカードには祈祷師と思われる人物の指が祈祷に使う鳥の羽根のついた道具をつまんでいる写真が使われています。

背景には白い煙のようなものが見えます。空間を煙で浄化するためにハーブをいぶしているのかもしれません。

筆者は「祈祷師(メディスンマン)」のカードを見ていると以下のような想いが心に浮かんできました。

『あなたはもう分かっていることと思いますが、現在の人生に大きな影響を与えている過去世の一つにヒーラーとしての人生がありました。

あなたはこのハーブを燃やした匂いをこのカードから思い出すことが出来るでしょう。
その記憶はあなたの細胞内にいまもあり、使うことが出来ます。

現代の社会では環境汚染なども進んできているのであなたはヒーラーとして人の心の癒しと同等以上に地球環境の癒しということも扱わなくてはなりません。…(省略)』

この記事を読んでくださっている方は「祈祷師(メディスンマン)」の過去世があるのかもしれませんが、その役割が現代では広範囲になっているような内容が心に浮かびました。

このカードにはどのような意味があるのでしょうか。

カードの意味をガイドブックより引用します。

MEDCINEMAN OR WOMAN  祈祷師(メディスンマン)

このカードは、ヒーラーとしてのあなたの過去世を表しています。
あなたはこの知識を受け継いでいますが、現在は無意識の奥底にしまいこんでします。

生まれつきヒーリング能力を持つだけでなく、あなたがヒーリングに関して直感的にわかるのは、そのような理由からなのです。

あなたは、ヒーラーとしての自信をつける助けとして、このカードを引きました。おそらくヒーリングのクラスを受講したり、そのような職に就くことを考えたりしていることでしょう。

このカードは、あなたの魂がヒーリングと結びついていることを示しています。

必ず成功するという保証こそありませんが、成功するための基礎となるヒーリングの情熱や使命をあなたは持っています。

筆者はこの記事を読んでくださっている方は、やはり「祈祷師(メディスンマン)」であり、ヒーラーの過去世をお持ちなのではと思いました。

あなたはこの「祈祷師(メディスンマン)」のカードのメッセージを読まれて、どのようにお感じになられたでしょうか。

 

それから「祈祷師(メディスンマン)」のカードを引くときに力強く飛び出してきたカードがあり、気になりました。

そのカードは「AUTHORITY FIGURES 権威者」です。

このカードもガイドブックより意味を引用します。

AUTHORITY FIGURES 権威者

前世や今世において、あなたは、親や教師などの権威者が決めたルールに従ってきました。また、過去に、人を威圧したり、残酷と思われる権威者に出合っていたかもしれません。

おそらく、権力欲の強い人や虐待する人たちに囲まれてきたのでしょう。このような理由から、今世でも、権威者を怖れ、彼らの要求に屈服してしまうのです。

(途中省略)

このような状況を解決するには、自分に対して愛と尊敬の念を抱き、自分は完全で癒された存在であると考えることが必要です。

多くの場合は、過去世についての詳細を思い出すだけで、障害が取り除かれ、癒しがもたらされます。

「権威者」のカードは「祈祷師(メディスンマン)」のカードを補足するために心に心に留めておくようにとの意味合いで飛び出してきたものと思われます。

もしかするとご自身はヒーラーとしての使命に気がついておられるのに過去に親や目上の立場の方に強く否定されたためにそうした力があることを自分自身に認めなくなっているのかもしれません。
でも「そう思うことは不要です」とこのカードは伝えているのでしょう。

 

その他、以下はパストライフオラクルカードについての全般的な印象です。

まず初めてカードを手にした時の感じは、いわゆる一般的なオラクルカードとはかなり異なる印象です。

一般的なオラクルカードは日常生活で困ったり、悩んだり、進路などに迷ったときなどに活用するような感じですが、このカードは過去世に特化したカードなので同じオラクルカードとはいえ大きな違いがあります。

筆者の場合、パストライフオラクルカードを1枚1枚、カードをめくっていくとほとんど何も感じないカードと心がざわつく感じがするカードに分かれることに気がつきました。

心がざわつく感じがするカードというのは過去世に関係しているのでしょうか。
個別カードのテーマに関することが、その時代には問題が解決されず、今世に課題として持ち越されている場合に心がざわつく感じがするのかもしれません。

カードからメッセージを受け取るというよりは、カードを見てそのテーマに心がどういう反応をするかを静かに見守り、確認していくチェック作業のような感じです。

そうした作業をするうえで、ガイドブックがとても頼りになります。
付属のガイドブックは分かりやすく書かれており、使いやすいと思いました。

しかし、過去世というテーマを扱っているため、正しく内容を理解するためにはスピリチュアル関係の知識がある程度必要だとも思いました。

スポンサーリンク

 パストライフオラクルカードをお勧めの方は?

パストライフオラクルカードをお勧めしたい方は、自分の過去世に興味があり、調べてみたいと思われている方です。自分自身のことを深く知りたいと思われている方にもお勧めできます。

スピリチュアル関係に興味があり、幅広く勉強したい方にも合っていると思います。

ヒーラーなどの仕事をされている方でクライアントの状態を過去世の影響も含めて調べていく必要がある場合にも補助的に使えるのではと思いました。

また、人生において毎回同じようなパターンで問題やトラブルを起こしてしまい何かあるのでは?と思われている方にも良いと思います。
そうした場合、過去世での問題を今世でも繰り返して引きずっている場合があるからです。

一方、オラクルカードを初めて手にする初心者の方にはあまりお勧めできません。
このカードは一般的な内容のオラクルカードというよりは、過去世に特化した専門書的なオラクルカードであるからです。

そういった意味で万人向けのカードではなく、一部の方向けのカードであるので内容を良く知ったうえでお求めになられるのが良いと思います。

まとめ

パストライフオラクルカードの意味と特徴、使い方や感想を紹介しました。

パストライフオラクルカードは、現在の仕事や人間関係、家族や人生などに影響を与えている過去世からのメッセージを受け取り、より良い人生を生きるための手助けとなるものです。

このカードは、アメリカでの前世療法の世界的権威であるブライアン・ワイス博士と数多くのオラクルカードで知られるドリーン・バーチュー氏との共著です。

パストライフオラクルカードは44枚のカードとガイドブックからなり、各カードの下部には、許し、健康、銀河系、騎士道、父親、母親、戦争と戦い、配偶者、芸術…などの過去世に関係するキーワードが書かれています。

カードの絵柄は、風景や人物、動物などのさまざまなモノトーン調の写真が使われています。

パストライフオラクルカードをお勧めしたい方は、過去世やスピリチュアル関係にご興味のある方、ヒーラーなどのお仕事をされている方、人生において毎回同じような問題やトラブルで躓いてしまう方などです。

必ずしも万人向きのカードではありませんが、過去世からのメッセージを受け取り、より良い人生を生きるためのカードとしては優れていると思います。

ご興味を持たれた方は是非ともお試しになられてはいかがでしょうか。

【関連記事】
ライフパーパスオラクルカードの意味と特徴、使い方を解説!感想は?

 

TVCMで話題の【ココナラ占い】無料会員登録はこちら
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドリーン・バーチュー
オラクルカードからの便り
タイトルとURLをコピーしました