日本の神様カードの意味と特徴は?使い方やリーディング、感想も?

日本のカード
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事は日本の神様カードの意味と特徴、使い方やリーディング、感想を紹介します。
日本の神様カードは個性的でパワフルな日本の神様のメッセージを伝えるものです。

これを読めば、日本の神様カードの意味と特徴、使い方やリーディング、感想を知ることができます。

それでは、あなたに日本の代表的なオラクルカードである日本の神様カードの魅力をお伝えします。

日本の神様カードの意味は?

オラクルカードとは神様や天使、妖精などの絵柄とメッセージが書かれたカードです。

日常生活のなかで悩んだり、困ったときや、新しいことを始めようとしたときなどにカードを引いてヒントになるアドバイスを得るものです。

オラクルとは、英語で「神託」「神の言葉」などの意味があります。
オラクルカードは海外でつくられたものが多いですが、日本のものも少数ですがあります。

日本の神様カードは、そのなかでも日本を代表するオラクルカードです。
カードの著者は大野百合子氏、イラストは大野舞氏が手がけています。

日本の神様カードは、48柱の神様が描かれた48枚のカードとガイドブック、および予備カード1枚からなります。

登場する48柱の神様は、天照大御神(あまてらすおおみかみ)、伊邪那岐命(いざなぎのみこと)、伊邪那美命(いざなみのみこと)のように一般的に知られている神様から道反之大神(ちがえしのおおかみ)、意富加牟豆美命(おおかむずみのみこと)などのようにあまり知られていない神様も含まれます。

日本のオラクルカードらしく、シンプルで落ちつきがあり、日本的な和の味わいがあります。
カードの上部には神様の名前が漢字、カードの下部にはひらがなで書かれています。

ガイドブックには、日本の神様カードの使い方やそれぞれのカードの意味や説明、テーマや祀られている神社が書かれています。

カードの外箱んの大きさは、H 138 × W 100 × D 33mmで、一般的なオラクルカードとほぼ同様のサイズです。

日本の神様カードの入っている箱には、48枚のカードのうちの1枚である天照大御神の絵柄が使われています。

「天照大御神」

 

「天照大御神」のカードの意味をガイドブックより抜粋して引用します。

天照大御神 あまてらすおおみかみ

私は輝く光そのもの、私はすべてを照らします。光があるところに影ができます。

影も私の創造、私は影を光に変えることはしません。ありのままで良いのです。

私は光そのもの、私は無限であるあなた自身です。

カードのメッセージ
伊邪那岐命の左目から生まれた美しい天照大御神は太陽の化身であり、日本神道の最高神として祭られています。

時にはやさしく、時には荒々しく、天照大御神のパワーは多様かつ無限です。

今あなたに天照大御神のエネルギーが下りてきました。広大な自分という存在に気づき、外に向かって表現していく時がきています。

それは拡大のエネルギー、宇宙に広がるエネルギーです。

あなたの前に点に届く階段が続いています。雲に覆われた空も、雲の上には必ず太陽が輝いています。自分の内なる太陽、無限の自己、最高の自分につながりましょう。

(省略)

 

「自分の内なる太陽、無限の自己、最高の自分につながりましょう。」というメッセージはシンプルで力強く心に伝わってきます。

天照大御神のカードが、日本の神様カードの箱の絵柄に使われたということは著者の大野百合子氏と日本の神々たちからの共通のメッセージと受け止めるべきなのでしょう。

また、全てのカードの裏面には以下の絵柄が使われています。これもシンプルで清々ととしており、日本的な雰囲気が感じられよいですね。

カード(裏面)

スポンサーリンク

日本の神様カードの使い方、カードリーディングは?

オラクルカードを手に入れたら、まずはカードの浄化を行います。

やり方は利き手ではない方の手のひらに持ち、利き手で数回ノックします。こうすることにより製造の過程で吸収したエネルギーや他者が触れたエネルギーなどを浄化します。

次にカードの一枚一枚に触れて、あなたのエネルギーをカードに注ぎこみ、なじませます。こうすることでカードとの一体感が生じてカードとより繋がりやすくなります。

カードの引き方に決まりはありませんが、カードの束の中から1枚を選ぶ「1枚引き」と3枚選び、それぞれ過去・現在・近未来、としてメッセージを受け取る「3枚引き」が一般的です。
(その他にも多数枚引きのやり方があります。)

「3枚引き」は総合的なメッセージの読み取り方も必要となり、少し複雑となるので初心者はシンプルな「1枚引き」がお勧めです。

また、カードの逆位置(上下が逆)を使うかはガイドブックによると初めに決めるよいにとのことです。

逆位置を使う場合には、逆位置で出たカードはそのカードの本質的なエネルギーが発揮されていない状態と読み解きます。

カードを引く場合にもやり方はいくつかありますが、一例を示します。

まず、目を閉じて深呼吸を3回ほどしてリラックスします。
日本の神々や自分自身のスピリットガイドにつながると意図します。

そして頭の中で又は口に出して質問をします。質問のやり方は、単純に「はい」「いいえ」で答えられない内容にするのが望ましいです。

例えば、〇〇の状況において知るべきことは何ですか?△△の問題に隠されている本質は何ですか?など何かアドバイスを下さいと求めるような感じです。

質問を決めたらカードを手に持ち、心を静めてカードを切ります。

カードを切っていくうちに心のなかで「ストップ!」「これでよい!」という直感を受け取ったり、何となくそんな感じがしたらカードを切るのをやめて、これと思うカードを引きます。

カードから情報を読み取るリーディングは直感を大切にします。
カードの絵柄と書かれている言葉を見ながら心に浮かんでくるものを受け取ります。

受け取り方は人によって異なりますが、心に浮かぶ声や想い、ビジョンなどがあります。
そうしたものを些細なことであっても否定せずに信頼して受け取ることが大切です。

カードのリーディングは、まずはあなたの直感を使ってカードからメッセージを受け取り、その後にガイドブックのカードの説明を読み、理解を深めます。

そうすることで、あなたにとって必要な情報が得られます。

あなたの直感とガイドブックの説明が異なる場合は、あなたの直感を優先してください。

また、カードを切る途中で飛び出してくるカードがある場合、そのカードにも必要なメッセージが含まれるので大切にしてください。

日本の神様カードを使った感想は?

この記事を読んで下さっているあなたのために1枚引きでカードを引きました。

出てきたカードは、「木花之佐久夜毘売(このはなのさくやひめ)」です。

カードの図柄は、白い雲が浮かんでいる青空を背景に女性の横顔が描かれています。
長い黒髪が風でそよいでいて、さわやかな感じがします。

このカードにはどのような意味があるのでしょうか。
ガイドブックより「木花之佐久夜毘売(このはなのさくやひめ)」のカードの意味を引用します。

木花之佐久夜毘売(このはなのさくやひめ)

ありのまま、自然に任せて時が来るのを待ちましょう。花開く時が巡ってきたようです。内なる力と自然の恵みで、あなたはすばらしい花を咲かせるでしょう。

でもあなたは、新緑のときも紅葉の時も、葉を落として冬を超える姿も、どれも本当に美しいのだということを知ってください。

カードのメッセージ
季節が巡ると、おのずと桜のつぼみはふくらみ、春爛漫の華やかな時を迎えます。

このカードは、桜の花の神秘的で、激しいくらいに美しいエネルギーがあなたに降りてきていることを伝えます。

直感と創造力に満ち、今、まさに花が開こうとしています。繁栄がもたらせるでしょう。

木花之佐久夜毘売は非常に美しい女神です。

その美しさを見そめた邇邇芸命と結ばれますが、あらぬ疑いをかけられ自らの潔白を証明するために火中で無事に出産します。

このように木花之佐久夜毘売はただ美しいだけではなく、力強く自己を表現する創造のエネルギーを持っているのです。

木花之佐久夜毘売は、最高のパワーは自然体の自分自身から生まれると伝えています。

桜は自らを飾ろうとしているわけではなく、ただ時がくれば桜の花を咲かせます。他の花を咲かせようとはしません。

ありのままの自分の美を受け取り、愛しましょう。

また、木花之佐久夜毘売のエネルギーは、結婚やパートナーにめぐり会う波動をもっています。

富士山の女神でもある木花之佐久夜毘売の神秘的で高潔な美は。あなたにふさわしい相手を引き寄せてくれるはずです。

テーマ:ありのままの美 繁栄 高潔 パートナー

神社:富士山本宮浅間神社(静岡県)
小室浅間神社・北口本宮富士浅間神社・一宮浅間神社(山梨県)
当麻山口神社(奈良県)などに祀られています。

 

筆者は、「内なる力と自然の恵みで、あなたはすばらしい花を咲かせるでしょう。」という言葉が心に浮かびました。

きっと、この記事を読んで下さっているあなたへのメッセージなのだと思います。

あなたは「木花之佐久夜毘売(このはなのさくやひめ)」からのメッセージをどのように受け止められたでしょうか。

 

以下は日本の神様カードに関する全般的な印象です。

最初に手にした時の印象はやはり日本の神様のカードなのでなじみがあり、しっくりとくるように感じました。

カードからは和のテイストを感じると共に神社にお参りしたときに感じる清らかな気と同様のものを感じました。筆者は神社へ参拝するのが好きなので合っていると思いました。

カードの絵柄からメッセージを読み取るのは最初は少し難しいように感じました。

カードを見た後にガイドブックを読むことを繰り返すうちに少しずつ理解が深まっていき、メッセージを受け取れるようになりました。

少し慣れてくると絵柄がシンプルなため、さまざまな日本の神様の個性がストレートに伝わってくるようになりました。

ガイドブックの内容は分かりやすく書かれています。一度読んでよく理解できない場合は何回か繰り返し読むことで頭の中に入ってくると思います。

オラクルカードの中にはスピリチュアルな知識を求められるものもありますが、このカードはそのようなことはありません。

スポンサーリンク

日本の神様カードをお勧めの方は?

日本の神様カードをお勧めの方は、まずはオラクルカードには興味はあるものの一般的な西洋のカードでは何となくなじめないため、日本の神様のカードを求めている方です。

日常生活や人間関係、ビジネスなどの幅広い分野で適切なアドバイスを得ることができます。

また、これまで特にオラクルカードには興味はなくても神社巡りや日本の神話などに興味をお持ちの方も相性が良いと思われるのでお勧めしたいと思います。

これまで西洋のカードを持っておられる方で、日本のカードにもご興味があれば試されるのもお勧めです。このカードの良さにお気づきになると共にリーディングの幅も広がることでしょう。

オラクルカードは、持ち主との相性もあるのでいずれも相性が合うことが前提となります。試しにカードを手に持ったときのフィーリングでも何となく分かるように思います。

オラクルカードを始めて持つ初心者のカードとしてもお勧めできます。
分かりやすいガイドブックもついており、なじみのある日本の神様のカードなので取り組みやすいと思います。

まとめ

日本の神様カードの意味と使い方、リーディングのやり方や使ってみた感想、お勧めの方を紹介しました。

日本の神様カードの著者は大野百合子氏、イラストは大野舞氏が手がけた日本を代表するオラクルカードです。

カードはシンプルで落ちつきがあり、日本的な和の味わいがあります。ガイドブックも付いており、カードの使い方やそれぞれのカードに関する説明が分かりやすく書かれています。

カードのリーディングを行う際に大切にすることは直観を大切にすることです。
そのうえでガイドブックと照らし合わせます。

日本の神様カードは西洋のオラクルカードにはしっくりこないので日本の神様のカードを求めている方や新しいカードを探している方に適しています。

日常生活や人間関係、ビジネスなど全般的なものごとに対する質問に答えてくれるカードです。
ガイドブックも読みやすく、初心者にお勧めできるオラクルカードでもあります。

日本の神様カードにご興味を持っていただければ幸いです。

【関連記事】
日本の神託カードの意味やリーディングの使い方を解説!感想は?
ムーンオロジーオラクルカードの意味と使い方、リーディングが分かる!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日本のカード
オラクルカードからの便り
タイトルとURLをコピーしました